読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choice

好きをみつける→仕事にする、をサポートしている日々の記録と人生相談を受けて思う事

不倫したいなら、すればいいんちゃう?としか言わない相談時の背景について

不倫したいなら、すればいいんちゃう?としか言わない、相談時の背景について

たんたんと仕事をしていると、時に返信に困る内容が届きます。もちろんこれは、無料の問い合わせフォームを設置していて、尚且つ恋愛やパートナーシップの内容を取り扱っているからなのですが、そんなこんなで、今も昔もワイドショーを騒がせている<不倫>に関するお話です。
  • 返信に困る、相談内容
  • ”人の話を聞く仕事”の困惑事件簿
  • 不倫への見解
  • 不倫と正反対の○○
まず初めにお伝えしておきたいのは、不倫に罪悪感が全くないという人はいいですし、そうでなくても好きにしてもらっていいんですよ、あなたの人生ですから。
 
「覚悟と心得があれば」ね!
 

返信に困る、相談内容につては、不倫相手に運命を感じている、とか不倫だからこそ・・・・という正当化するために、何かしらこじつけをしている内容のもの。

 
通常のカウンセリング中は、会話を通じて価値感や認識を確認ができますし、メールの場合も丁寧にヒアリングを重ねながら返信していきます。
ただし、これは仕事だから行っているだけです。
 
無料でフォームからこういった内容を送ってくる人には、基本的に返信しません。だって時間さけないから。(同時に、メニュー内容の質問ではなく、無料でアドバイス求めるとか、本気で性根くさってるなぁ・・・としか思いません。もちろん、これは私が勝手に思っているだけです。)
 

訴えられても、大丈夫?

オープンではない場合、ばれたとすると、訴えられたり、お金も要求されて当然ですからね・・・日本に暮らしている方の場合)つまりは不倫は、訴える側であれば立場が強いという事です。つまり既婚者の側、被害者とされる側に限ります。
 
 
 
 
 
最近はポリアモリーなど、いろんな価値観も認識されていますが、一昔前の妾制度が廃止された理由は、一体なんだったのでしょう?と婚姻の歴史について考えるのでした。以前のNHKの朝ドラ「あさが来た」でも、波瑠さん演じる、あさと友近さん演じる梅は「正妻」と「妾」という関係でしたからねぇ・・・。時代に合わせて、みせ方をつくり上げていく、これこそ歴史は変わっていくという事を垣間見た気持ちになったのでした。
 
現代社会の価値観はもちろん、それぞれの時代の価値観を知っておくこと。一夫多妻、多夫一妻など、時代や文化圏ごとに考え方はいくつもありますが、現在の法律と自分の価値観を、一度冷静に考えるというのは、とても大切なことだと思っています。
 
 
 
 

ちなみに、この方は、不倫ではなくあえて言うなら「合倫」ですよ。

(もちろん、そんな言葉ありませんが・・・。)
 
よく紹介すると刺激を受けて、わたしも彼氏作るー!!!とか言う人に出会いますが、あなたのご主人、そんなに器おおきかったっけー?え、現実逃避だよね、旦那さんと向き合えないから、逃げているだけっしょ?おいおいっていうケースがあります。旦那さんに言いたい事を言うのが先で、都合のいい存在を外に作るっていうのとは、全く違います。
 
おかしな言葉ですけど、あなたのその行為は「合倫」と言えますか?関わる全ての人がハッピーと言えますか?旦那さんと彼氏と、話を共有できますか?
 
 
それよりなにより、あなたは本当にしあわせ?
 
クラブで働いているときや、アート系でのヌード関連の仕事が多かった時代は愛人のお誘いも多かったんですけど、わたしは不倫に興味がありません。だってめんどくさいから!!!!!!身体の関係をもつと、どんどん好きになってしまうから!!!!!!笑 常に心は揺れていたし、悪くないなぁ・・・とも思っていましたが、無理でした。
 
決定打は、残念ながら不倫の誘いを受けた時に、聞く言葉にイエスと言ってくれる人がいなかったから。
 
「奥さんにまず、会わせて^^」
 
 
それから考えるわー!という、この言葉にイエスという、男の人ならいいかなと思っていたんですが、そう言える人はいませんでした。これに答えてくれる人なら、いいかなと思ったんですけどね。
 
良い断り文句なので、ぜひ使ってみてください。
 
 
そんなわけで、私が言えるのは合意の上で行えるなら、いいんじゃない?という事です。というわけで、不倫の方にもそうでない人にも、お伝えしたいことは
 
「あなた、ホントにソレしあわせ?」
 
 
何かから、逃げて目を背けても何も変わらないよ・・・?
 
 
★追記★
 
合倫という言葉が無いかな?と調べてみたら・・・なんとまぁ、人名で存在していました。しかも「はるのり」「はるみち」という読み方で、やはりはるちゃんすげえええええ!!!!と思わず叫んだのでした。
 
こじつけ感満載ですけれど、くれぐれも不倫と合倫は、一見とっている行動は同じかもしれません。でも心の中は真逆の行為です。これを認識せずに、自分のサインを無視し続けていると、永遠に枯渇感しかわかないよ?と思うのでした。
 
 
うーんはるちゃんに「ノリ」とつけるのもいいし、「ミチ」と重ねるのもどちらも正解だなぁ・・・。どんな終わりだよ・・・おいおい、と思いながら、今日も一日おつかれさまでした!
 
ではでは~