Choice

好きをみつける→仕事にする、をサポートしている日々の記録と人生相談を受けて思う事

人と仲直りするとき。感謝と謝罪のワーク

仲直りしたいときは<感謝>と<謝罪>

人間関係には「近づく」「離れる」この二つしかない。間が大切。遠すぎると離れて疎遠になってしまうし、近づきすぎるとおせっかいになる。絶妙な距離感が必要で、永遠に重なることはない。それぞれ自立した人間

 

まずはコンチクショウ、毒を吐き出す。

人と仲直りするときに必要のは<謝罪>と<感謝>をつたえること。ただし、これをする前に自分の中にある本音【コンチクショウ】を紙に書き出して、燃焼させる必要がある。明確にするだけ、本音に気づくだけでいい。

この部分をすっとばすと、ただの良い子ちゃんにしかならないし、さらなる抑圧感情を生む。まず感情解放が一番大切な部分。

(実際に燃やすもいいし、びりびりにやぶいて捨てるもいい。安全な方法でお好きにどうぞ。)

 

本音をだしたら、出てきた感情をそのまま<感じる・出す>こと

ブッコロスとか、死ねばいいのにとか消えて無くなれ、コンチクショウを吐き出していい。言ってはいけない言葉も、言霊も存在しないからまずネガティブを出し切る。

 

本当はこう言ってほしかった、とかなんで○○してくれなかったんだよ!とかくだらない依存系の言葉でも書き出す。紙に書いて見えるようにすると、ああ、シンプルに自分がさみしかったんだ、という気づきも訪れる。

 

くれぐれも、この毒の取り扱いに注意

これは相手に伝える必要が無い。伝えなくていいし、伝えてはいけない。(伝えたいのならそれも良いけれど、大抵の場合はショックすぎて相手は受け入れられない。)うまくいって爆発を起こしたのちに深まる関係性もあるので、ぶつかり合いたい人はそれもよし。(パートナーなら、ちょっと話は別で毒もぶつけ合うのが大事、だがここでは割愛)

 

以前クライアントの中に、この方法を伝えたところ、書いたものを人に見られてトラブルになった・・・という過去の話をした人がいた。

余計なお世話かもしれないけれど、その管理と危機感の甘さが、人生全体に出ているとわたしには聞こえた。人が見たではなく、これは完全に人に見せるような場所に書いた自分の問題。仮に仕事であれば、大変なことになってるし、コンプライアンスとか分かっていないんだろうな・・・と瞬時にいけずなな人間の目線になった。

 

もちろん人のものを勝手に見る人も悪いのだけれど、人目につくような場所で書かないように・・・。管理に関しては、くれぐれも自分で注意してください。少なくとも人目につかない場所とか、家族にも見られたくないなら鍵付きの金庫にしまうとか、ノートや箱にいれるなどの管理は自己責任でね。

 

基本的にはホ・オポノポノ

「ありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、感謝します。」で知られるホ・オポノポノと同じ。これは人と仲直りするときの感謝・謝罪のワークと同じ。 

ホ・オポノポノ ライフ  ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる

ホ・オポノポノ ライフ ほんとうの自分を取り戻し、豊かに生きる

 

 

ただ、このありがとう、ごめんなさい、ゆるしてください、感謝しますだと毒だし要素が弱く、メンタルがマイナスの状態からスタートする(感情の抑圧状態にある人のこと)ケースにおいては、全然意味が無い。

 

まずはデトックス、毒だし。 

ここを伝えてくれる人が、最近は増えてきたのでよかったな~と思うのだけれど、やっぱりまだまだ毒を愛していい、嫌わなくていいっていう発信をしている人必要みたいね。思っちゃいけない事なんてないし、嫌いなものは嫌いでいい。好きなものに理由が明確にないように、嫌いなものは嫌いという自分の本心のまま生きていい。

 

「そのまんま」でいい「ありのまま~」というのも、とらえ方によっては、ありのままなのにうまくいかないんです!という、また新たな悩みになりかねない。

 

 

はじめてのホ・オポノポノ

はじめてのホ・オポノポノ

 

 

はじめてのウニヒピリ

はじめてのウニヒピリ

 

 

 

 

 

 毒を肯定せよ!という意味だったりこういうところは、アウトサイダーな人々の解説が一番わかりやすいです。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)