Choice

好きをみつける→仕事にする、をサポートしている日々の記録と人生相談を受けて思う事

漢字や文字に全部答えがあるんじゃない?

漢字と文字に答えがあるんちゃうの?

熟語といった方が正しいのかな?答えはそのまんま。素直に読めばよかっただけでした。だれだよ、ウソばっかり言いやがって・・・と思う今日この頃。とりあえず4つ書こうっと。

 

1、人 2、心配 3、働く 4、自由

 

人という字は人と、人が支えあってできています。ウソだよ!

学校で校長先生が昔、言っていたなぁ・・・とか、結婚式のスピーチでもよく聞く漢字シリーズの代表「人」

人と人が支えあっているのを横からみた文字・・・なんていう説がありますけどウソだよ。これは、一人で立っている図です。

所説ありますけど、支えあってたら動けない。人はもともと一人で立ってるし。ずっと支えられてたら、好きなところに行けないよね?

わたしは一人で立っていない人に、1人で歩けない人間に出会ったことはありません。(もちろん、足が悪いとか赤ちゃんは除く)

 

町で人が、背中合わせで2人立ってたら、それはそれで面白いけど。笑

 

2、「心配してるの・・・」って伝えない方がいい。

心配って、ただ「心」を「配る」こと。

配慮や気配りに近いのかもしれません。よく親が子供に向かって「心配してたのよ!!!」とか言いますけれど、それただのうざい親。よからぬ妄想にかられて、あれやこれやと勝手に繰り広げているだけ。多分それはただの<思考の暴走>必要なのは、自分のメンタルを安定させること。あとは情緒や感情の取り扱いを知る事、つまり思考のその先。思考と感情は全く別物。

「心配して損した」とかも、同じく。損したとおもうなら、最初からすんなよ。そんな心配りは、もちろん心配りとは言わない、ただのおせっかいで、うざいだけ。

 

3、働くとは人の為に動くではない。「人」「動」からできている。

×働くとは、人のために動くと書きます。

〇働くという字は、「人」「動く」で、できています。

誰だよこれ言いだしたの・・・人のためって、「為」はどこからでてきたの?(苦笑)自分の好きなことをしてもいいんだよ。自分が我慢して周囲が笑っても、それはちょっと本末転倒・・・。まあ、それが良いならそれも悪くないけど、<自分の楽しい事×人のためになること>に言い換えたら?と思うのでした。自分の気持ちや感情そっちのけで、人のために動いて倒れるまで働いたり、周囲のしがらみから仕事辞めれなかったり。そんなお馬鹿な過去の自分に教えてあげたい。好きなことで自分が楽しくて嬉しくて、それで人も嬉しかったら最高ですよ。

まあ、大変なこともありますけど、それはどの仕事を選んでも同じこと。流されて人のためと言って動いている方が、かなり楽。自分の好きを常に確認し続ける作業は、結構めんどくさいし、集中力も必要。まあ、1000倍楽しい事だけは保証するけどね。

 

人が動くなのか、人を動かすなのか・・・どちらともとれます。「はたがらくになる」が語源であるという説もあり(周囲が楽になるの意味)まあ、お好きにどうぞ。

 

ついでに<人の為>という一見美しい意見。これを一文字にすると「偽り」です。「貴方のためだから~」という助言に聞こえる言葉が、的確なアドバイスであることはあまり無いように、それはだいたい偽り。フェイクです。

 

  1. 5、自由とはなんでも思い通りになる事、ちがいます!

  2. 絵を描いて、展示の為にバイトをして、資金をつくっていた時のこと。遊びや酒の誘いも(驕り以外は)全て断りアンパンを食べて製作していた時代に「わたしもあなたのように、自由に生きたいんです!」と言われる事があって、びっくりしたことがありました。

  3. ごはんを買うのもお洒落もそっちのけで、絵の具や埃にまみれ、風呂に入るよりも、食事をするよりも、眠る事よりも優先して自分の時間を製作に充てる。それを自分が望んで行っていただけで、できることならサラリーマンの方がよっぽど幸せかも・・・と落ち込み気味の欝々としていたときに言われたこの言葉。爆笑しました。

  4. 自由って<自らに由る>ことで、別にフリーランスや経営者の様にスケジュールが自由に組めることではないですよ。

  5. 無職やニートも嫌な仕事をしている人からみれば、自由かもしれませんが、彼らは悩んでいるケースが多いですし。(そもそも自らの声がわからなくなってしまった人々と個人的には感じています。無職になるぞ!とか、ニートになる!と肚くくっている人は別として。)

  6. 正社員でも自由に生きれるよ。そういう人生の方が、人さまに迷惑かけることは無かったなーなんて思いますけど、迷惑とか人それぞれその定義も異なるので、気にせず、さっさとやってみたいことを決めて行動する。

この繰り返しで、人生は一遍するのでぜひお試しください。意外と迷惑!と思っていた事は喜ばれることもあります。まあケースバイケースですけど。

 

人は誰かの役にたつのは、好きですよ。