読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Choice

好きをみつける→仕事にする、をサポートしている日々の記録と人生相談を受けて思う事

差別と区別はちがうよ。差別はダメだけど、区別は大事。

差別はダメだけど、区別は必要だなーと思う話

こどものころ日本が苦手だった理由が、わかった。

じんさんは、やはり面白い視点で文章を書いてますね。

 

ameblo.jp

 

 

好きとか一緒にいるのに、陰で悪口を言う

これが日本人に多かった。

(今は、そんな人と関わる事も無いですが・・・)

 

 

さっきまで一緒に楽しく過ごしていたのに

裏で悪口を言いまくっている・・・。

 

それに対してただただ、とまどう。

直接言ってよ・・・いつもそう思って悲しかった。

 

「悲しいな」そう伝えられるようになってから

離れる人もいたし、それをきっかけにぶつかって

仲良くなることもありました。

 

 

ただ本音を言えばいいだけ、と気づいたのは

この頃だった。

 

 

 

さらに人の潜在意識やエネルギーが

見えていたので

ああ~この人気持ちわるい。

 

口と心が一致していない。

という状況によく遭遇していた。

 

関西と関東の違い

日本の店員さんって、笑顔が気持ち悪い人が多い。

仮面や能面のように笑顔のトレーニングをしている。

 

強制させられる、とも言えるから

仕方がないのだけれど、怖い。

 

その笑顔が違和感だらけなのは

周囲にばれてます。

 

顔は素っ裸だから大切にしてほしい。

 

 

「いつも笑顔でいなさい」

なんて無理なので、

さっさと東南アジアを見習って

緩い接客で普通にせっしてほしいなぁ・・・

とおもうのでした。

 

アメリカもサンフランシスコでも

そんなことあるのねーとビックリ。

 

 

自然体の効能

ときどき、ぶっきらぼうな人に出会うと

自然で嬉しい。

 

表に出ていないだけで

すごく素敵な販売員さんという方もいるので

一概には言えないのだけれど

自然体でいいのだよーという話でした。

 

 

笑ったふりをしないとできない仕事なんて

さっさとやめていいんじゃない?

と思うのです。

 

心からの笑顔でいられるように

自分で居場所をえらびたいものです。